結婚式のマナー

レディ

華やかな場所に着ていく洋服が、パーティードレスです。普段の私服よりも艶やかで、場の雰囲気をより引き立てることが出来ます。パーティードレスを着る機会は様々ありますが、最も多いのが結婚式です。友人の結婚式に参加する際にはパーティードレスを着て参加します。結婚式ではどのようなパーティードレスを着れば良いのでしょうか。マナー違反にならないようなパーティードレス選びが必要となってきます。まず心がけなければいけないことは、全身白のコーディネートを避けるという事です。ドレスやストール、アクセサリー、小物を白で統一することはマナー違反になります。結婚式では、新婦が純白のウエディングドレスに身を包みます。結婚式に参列している客が似たような全身白のパーティードレスを着ていると新婦が引き立たなくなってしまうからです。全身白のコーディネートで参加して、新婦の親族から注意されるといったことが無いようにしましょう。白のパーティードレスを着る際は、黒のストールや、ベルトなどと組み合わせましょう。

結婚式で全身白の服装はマナー違反ですが、全身黒の服装も良くありません。ドレスやアクセサリー、ストールなどが全て黒いと、喪服を彷彿とさせてしまいます。めでたい席である結婚式で、お葬式を連想させるような服装が無いようにしましょう。落ち着いた色は無難なイメージが有りますが、めでたい席が重苦しい雰囲気になってしまわないように、適度に明るい色を組み込むように心がけましょう。その他にも、露出が多いファッションは要注意です。昼の披露宴の場合肩を露出したファッションや、ミニスカートファッションなどはマナー違反となっています。カジュアルな披露宴や夜の披露宴では肩を出すファッションはOKとされていますが、失敗したくない方は露出を抑えましょう。

オススメ記事

サービスのサイト

花嫁

ウエディングドレスは、現在販売やレンタルのスタイルで利用することが出来ます。大手ブライダルサービスのサイトでは、ウエディングドレスの検索サービスを行なっており、様々なドレスの中から適した商品を選んでいくことが出来るのです。

詳しく見る

レンタルが主流

ドレス

ウエディングドレスは一生に一度のものですので、自分の気に入った物をお手頃の価格で手に入れることが出来るといいでしょう。またレンタルドレスの場合は交渉次第で安くなったりもするので、積極的に店の人と話し合いをするといいでしょう。

詳しく見る

二次会に活躍する衣装

女性たち

花嫁の二次会ドレスについては、ウエディングドレスやカラードレスを選ぶ人が多く、一方で今後も着用できるドレスを選ぶ人もいます。二次会のあり方についても多様化しており、それに伴いドレスのバリエーションも今後は豊かになると考えられます。

詳しく見る